小学生コース

[公立中進学コース] 
5教科をリーズナブルに学べるように設計された自立型個別指

  ●新入試制度に対応するために 公立高校入試は5教科、現在の大学入試の試験では、国立大学志望の場合、一般的に理系が5教科7科目、文系が6教科8科目を受験します。このような状況の下で、大切なことは次の2点です。 ◆小学生のうちから、自ら学ぶ習慣を少しずつ身につけていくこと。 ◆英語を含む5教科の学習基盤をコツコツと築きあげていくこと。 公立中進学コースでは、小学校での学習内容の理解はもとより、「思考力・判断力・表現力」育成の視点に立って授業を行っています。このコースで学習を進めていくことで、将来の高校入試、さらには大学入試において志望校合格のための大きなアドバンテージを得ることができます。