「勉強のやり方がわからない」という魔法の言葉

成績の悪い子供や、その親ほぼ全員が口にする言葉がある。

「勉強のやり方がわからない」、、、、、

結局これって勉強ができない理由ではなく、勉強していない状態を正当化するために生み出した言い訳だろう。
そういう人は、誰かが自分にぴったりなやり方を教えてくれるのを待っているのだと思う。

本音は「私(うちの子供)は、勉強が嫌いで、勉強したくないけど、できるようにしてください」って甘い考えの人が多い。

だから結局「勉強のやり方がわからない」って言い訳をする。

「あなたにぴったりの勉強法」とか謳っている塾はセールストークだから、ぶっちゃけ無意味だ。
そんなもんは無い。一生懸命に努力して好成績をおさめている生徒に失礼なので現実を見てください。

そういう人たちの言う、勉強のやり方をあえて説明するなら、「何をやるか」「どうやるか」「何故やるか」「いつやるか」
などを全て提示してほしいのだと思う。このタイプの生徒にはこう、このタイプの人にこっち、みたいな具合だ。

大事なのはそれを自分で考えることなのに、それを人に与えてもらうのを待っていたら成長なんてしない。
成長はしたくないけど、勉強はできるようになりたい(させたい)のであれば、それは贅沢だ。

贅沢なのであれば安く済まないのも当然だ。

だから個別指導の授業料が高いのも当然だ。
というより妥当な金額だ。