赤でなおして満足!?

みなさんは、問題を解いていて、間違えた問題、わからなかった問題があったときにどうしていますか?赤ペンで答えを丸写しして分かったつもりになっていませんか?もし保護者の方なら、一度お子様のノートを見てみましょう。実はこんな勉強法では、成績は上がらないんです。小学生の頃に「丸付けをして、間違えたら赤で答えを写して提出する」と、先生に教わった人、残念。その先生は間違っています。本来は赤ペンで答えを写す前に、解説をじっくり読み込んで、どうしてそうなるのか理解することが最も大切です。理解したら、何も見ないで自力でその問題を解き直してみること。何も見ないで正解したらその問題はできるようになったと判断していいでしょう。基本的に、この流れの繰り返しができている人が良い成績をとっています。Radar Chartでは、ここまでやりこんで「どうしてもわからない!」というタイミングで質問を受け付けています。なんでもすぐに質問することはNG。安易な質問にもなんでも簡単に答える教育者が良い教育者というわけではありませんから。