幸せには順位がないが、成功には順位がある。

大学生や、大人になると意外と耳にする機会が多い「人生負け組」や「勝ち組」という言葉。
実際に自分も何度か使ったこともある言葉です。勉強する理由として、将来「人生勝ち組」に入りたいから、と言っていた生徒もいました。
ここで考えてみた「勝ち組」「負け組」の基準とは?
勉強して頭が良ければ「勝ち組」になれるのか?

私が思うに「人生の勝ち」というのは、自分で選べるということです。
例を挙げれば、大学を卒業していないと、選べない職業もあり。高学歴でないと馬鹿にされたり、締め出されたりすることだってある。

要は選択肢の問題で、「どうして私だけがそれを選べないんだろう?」という思いをしないで生きられたら「勝ち組」なのではないのだろうか。

学歴がないと取れない資格、なれない職業もたくさんある。また、就職活動の時だって同じ実力の学生同士なら高学歴の方が選ばれる。

だから、勉強することは、選択肢を増やすこと。何かに特化した才能も実力もないなら、学歴がないと選択肢が減るという話です。
また、大学にいって高学歴にもかかわらず、選択肢を持たない状態も「負け」であるのではないかと。
私は「こうでなければならない」「こうしなければならない」「こんなことはありえない」など、自分で他の選択肢を潰している状態です。

結論、私の意見としては本人の中で「こうしたいのに、できない!どうして私だけ!?」って状態から永遠に抜け出せなかったら負け。そんなことに気づかず、何も思いもせずに生きている人は不幸でもなく「負け組」でも何でもないと思う。