やる気の無い者にかまうのは義務教育まで

宿題をやらない、何かペナルティを課さないと宿題すらやれない。多くの塾ではいまだに、宿題をやってこない生徒は補修や居残りなどの対策をとっているだろう。授業の最初にテストをさせて、みんなの前で点数を発表させるといった体育会系な塾もある。仮にそれで成績が上がったとしよう。しかし、これは根本的な解決になっていない。なぜなら今後そういったペナルティが無くなったとたんに、自分を甘やかすからだ。
つまり、罰を課されないと、行動すら起こせない人間なんて、たかがしれてるんですよ。私の大好きな野球漫画でも主人公が「他人にやらされてた練習を努力とは言わねぇ」と言っています。そのとおり。
さらに言ってしまえば、他人と同じことをしているだけでは足りず、自分で考え、自分を成長させていくことが必要なのです。与えられた宿題をしっかりこなした程度では努力しているとは言えないのです。