やっと「デジタル教科書」へ!

小中学校で使われるデジタル教科書について、文部科学省が2024年度から英語で先行導入する方向で調整を進めていることが8月19日分かった。
紙の教科書を廃止することに慎重な見方もあり、当面は紙とデジタル版が併用されることになりそうだ。
これが完全に電子教科書になったら、かなり便利になるだろう。
文科省が出していた資料には
➀教科書の写真等を拡大できる
➁マーカーをひける
➂教科書に書いた内容を保存・編集できる
➃文章の読み上げ機能がある
という内容が書かれていた。かなり便利な機能が充実している。
教科書をタップ1回で、読み上げてくれるようになるなら、日本語も英語学習もよりスムーズになる。
分からない語句も、分からない発音も、タップ1回で調べることが出来そうだ。

まぁ、適度に期待しておこう。
学校の英語の授業でタブレットを使う場面なんて、今は「教科書に掲載されているQRを読み込むときぐらい」だろうし。まだ、ここ止まりだ。

しばらくは紙と併用するようなこと書いてあるし、自治体によって対応分かれるだろう。