それが「試験」だろ

六実校舎もみのり台校舎ともに中学校の定期試験返却が終わりました。今回は450点を超える生徒が過去最多でした。また400点超を果たし、特待生になった生徒も過去最多でした。同時に惜しくも400点届かず、380~390点台の生徒もたくさんいました。中には399点の生徒も。「覚えたところがでなかった」「ケアレスミスをしてしっまった」「記号で答えなくてはならないのに記述で答えた」「解きなおしたらできた」など、はっきり言ってしまえば言い訳ですね。「頑張ったのに。。。」「漢字を努力して覚えたのに。。。」「思っていたほど良くなかった」と、嘆く声も。しかし、何度も同じような経験をしていればわかるはずです。試験は一瞬、ケアレスミスをするのも実力のうち。世の中は「頑張ったから」「努力したから」では、評価されない。点数という結果がすべて、それが試験です。悔しい思いをした生徒は、その経験を次に生かせるように頑張ってほしいです。