「成績が上がらない人のいちばんの問題点は『性格』である」

面白い記事を目にしました。浪人を経験したことのある東大などの有名大学の学生の多くが、自分が現役で合格できなかった理由を「性格がダメだったからだ」と答えているようです。僕も、確かにそうだと思います。人のアドバイスに耳を傾けない人や、自分の欠点に向き合えない人、時間等にルーズな人、責任感がない人、向上心のない人、例を挙げればきりがありません。自分の価値観が正しいと信じて疑わず、先生や親の意見を聞き入れなかったり。悪い結果と向き合わず、「勉強なんてできなくても生きていける」「部活が忙しいから勉強できない」など自分にとって都合のいいことだけを見たり、苦手な教科を「将来使わないし」と軽視したり。

結局誰も彼も、「勉強できない」のは自分にとって都合の悪い情報や受け入れ難いことと向き合わなかったことが原因なんですよね。
勉強できる子達って性格が「真面目」というより「素直」なんです。