「学力UPにこだわる」に特化し続ける場所でありたい

普段、何気ないことをきっかけに、ふと新しい学習指導方法を思いつく。
「この教材を、このタイミングで使おう。このアプリをテスト前に使ってみよう。小学生の英語テストにこれを使おう」など。
「この方法なら今よりもっと良くなる。もっと成果に繋がる!明日試してみよう」とさっそく思いついたことを実行に移してみるが。

「なにかイメージと違う、思ったように上手くいかない。このアイディアは失敗だ。とはいえ、大事な視点で、方向性は合っている。今後も部分的に利用をしていこう。」と残念な結果になることが多い。

学習指導方法や塾には完成も正解もない。アプリのように、日々の中で改善点を見つけ、新しいアイディアを加え、アップデートを重ねていかなければならない。
10年前「生徒の成績を上げるために何をしたらいいか?」ということにこだわった塾をやりたいと思い、大手塾に加盟するのではなく、零畑個人塾「Radar Chart」を開業した。
さらに、講師募集、生徒募集や売り上げ目標を追ったりなどに、お金や時間、労力を使いたくなかったので「Radar Chart勉強ジム」へとアップデートした。
何もかもを自分の思う通りにやりたいのなら、自分の力でやるしかない。
思う通りで、今もここにピントを合わせて勉強ジムをやれている。勉強ジムにすることで、学年1位の生徒や、上位を奪取する中学生も育ってきている。小学生だって全国模試で上位、英検3級合格など、実績も出てきている。
塾という文化が無くなる、その日まで、今に満足することなく「生徒の成績を上げるために何をしたらいいか」だけを考え続けることができる場所でいられるよう精進しようと思う。