「分からない所はすぐに聞くように」の言葉の裏側

例えば、勉強で分からない事があって、反射的に先生に「この単語って何?」「これ、わからない」と聞いてしまう生徒は要注意。自分で考える前に反射的に質問する癖がついていて、自分の頭で考えないので、自己成長のチャンスを捨ててしまう。聞く方が速いのは当然だが、スキルや学力を身に付けるには、先に調べて、自分の頭で考える事が必須だ。
ずっと前から変わらず、「分からないことは、すぐに聞くように」の意図を理解していない生徒や保護者が多い。「分からないことがあったらすぐに聞けるのが良い」という理由で、その塾に通っている方、正直に言おう、それって学力アップに繋がらないから。
学校や塾によっては生徒に対して「分からない問題があったら、すぐに聞くように」と言う先生もいる。
しかし、この言葉をそのまま思考停止して受け取っている状態では学力はつかない。
この「分からない部分はすぐに聞くように」の言葉の裏側には、分からない部分をそのまま分からないままで進めてミスをすると、後々面倒なことになる。そうしたリスクを避けるために、事前に失敗の目を潰しておきたい。そもそも自分で最低限は考えて調べるのが当たり前。それでも分からない場合は、要点をまとめて質問するべき。質問時は仮でも良いので自分なりの答えも一緒に持って来て欲しい。
分からないことを効率的に身に付けるには、まずは「自分で考える → 調べて解決策を探す → 試してみる → うまく行かない場合は再度調べる」を繰り返すべき。
これができる人が、いわゆる「勉強ができる人」そして将来「仕事ができる人」になる。
額面通りの相手の言葉を鵜呑みにしているレベルを脱却していきましょう。