「中1ギャップ」が大問題!

中学生の多くは塾に通い、真剣に定期試験に向けて勉強をしている。試験問題は各教科平均60点前後になるように作成される。
小学校と中学校では同じ80点・90点・100点でも、得点の重みが全く違う。
このことを理解しないで、小学校で90点・100点だからと安心している子どもが、中学校のテストで初めて自分の実力を知る。
RadarChartのような予習型の塾に通っている生徒はすでに準備をして中学校に進学するが、塾にいっていない生徒はスタートから何歩も遅れていることになる。しかも、小学校レベルの学習習慣しかない。
中学レベルの学習習慣がなく、実力もない現実を中学生になり初めて知る、これがいわゆる「中1ギャップ」だ。

それでも、「中学受験するわけでもないし」「うちの子は大丈夫」などと思っている保護者も多い。その安心が、お子様を「中1ギャップ」にさせる最大の原因だ。

公立小学校のテストで100点や90点に安心していませんか!?
あれだけ薄い教科書を時間をかけて丁寧に教えて、国語のテストにいたっては文章を読まなくても答えられるくらい簡単なものだ。
小学校は、全員が高得点を取れるようなテストを作成している。
逆に言うと、このようなテストで90点や100点をあまり取れない場合は、かなり心配な状況だと言える。

中学校生活が始まり、部活も始まり、環境が変化したばかりの時に、定期テストが実施される。中1の1学期から5段階で評価されるので(高校入試に影響)「中1ギャップ」になるかどうかは、スタートダッシュができるかどうかがポイントとなる。スタートダッシュをかけるには、小学生の時から備えておく必要がある。
しかし小学生の生徒が自ら、「中学校は大変そうだから、小学生の間に頑張ろう」などとは考えない。
保護者様や周りの大人達がそうなるように、心の準備をさせ、勉強するようにしてあげることが重要だ。
つまり、「中1ギャップ」にはまらなくて済むかどうかは、お子様が中学生になってからでなく、小学生での保護者様の導き方が鍵となる。